DIYのススメ
ITAです。

DIY楽しんでいますか?
WOODPRO Shop には連日のように、杉足場板で何か作ろうかと企む老若男女が来られます。
自分でデザインしてそれを作る喜びは、何モノにも代えがたいですよね。

ちなみにITAが杉足場板(古材)でデザインを考えるときに、とくに重視するポイントは
①用意する材料のサイズを基準に、完成品のサイズを考える。
②材料が割り切れるサイズで計算する。
③壊れにくくする。
この3つです。

①・・・杉足場板(古材)について言えば、基本は厚み約35ミリか15ミリ、幅は約35ミリ・90ミリ・115ミリ・200ミリ・240ミリです。
長さはある程度自由にカットして決められますが、厚みと幅は決められているので、これらの組み合わせで作るようにしています。
②・・・例えば400ミリの板が4枚必要だけど、切り出す素材が1500ミリの長さしかない場合は、375ミリの板を4枚にしてみる。割り切れるサイズだと、余計な材料も、余分な材料も無くなります。

WOODPRO Shop で板をカットする場合、カットできる方向とできない方向があるので注意してください!
d0237564_13334661.jpg

※上の右の図のように、タテ方向にカットできないのは、お店にこの加工ができる機械が無いためです。また、タテ方向にカットをすると、木目のバランスが崩れて反りや曲りの原因にもなるので、注意が必要です。

③・・・耐久性は用途によりけりですが、人が乗ったり重量のあるものを乗せる場合には、十分すぎるくらいの強度を考慮したいところです。特に、板と板が交わっている部分の負荷がどのようにかかっているのか?イメージしてみます。
例えば↓のような椅子を作るとしたら、次の点に注意!
d0237564_1612270.jpg


とは言え、あまり難しく考えず、まずは一緒にチャレンジしてみましょう!
計算ミスも、カット間違いも、傷も、恐れることはありません。アジです。
完成したら、きっと語りたくなるに違いありません。
by woodpro-shop | 2013-06-11 13:34 | Shop | Trackback
トラックバックURL : http://woodprosp.exblog.jp/tb/18937107
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 今週の「ここからごはん」 6月... キラキラグラス♪ >>








■所在地
〒733-0833
広島県広島市西区
商工センター2-7-21
TEL082-961-3451(Shop)
082-961-3452(Cafe)
082-961-3454(BASE)
FAX082-961-3453

■営業時間
Shop 11:00-18:00
Cafe 11:00-18:00
(Last Order 17:30)
BASE 11:00-18:00

■休業日
毎週木曜日定休
変則的な場合があります。
詳しくはHPにてご確認ください。
     
    

     
      

■URL
http://woodpro-shop.com


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31