OLD ASHIBA+杉新材 ゴミ箱ボックス
こんにちは、WOODPRO本店の店長くり坊です。
d0237564_12203155.jpg

今日ご紹介するのは、ごみ箱ボックスです。

下の段にゴミ箱を入れて、上の扉からゴミを投入します。
ファストフードなどにあるごみ入れのイメージですね。
d0237564_12205264.jpg

ただし、問題は、奥に押し込むようにして開く丁番というのほとんどない、という点です。
上からぶら下がっているという扉の構造上、普通に奥に開くように蝶番をつけますと、どうしても扉が斜めになってぶら下がります。

かといって、手前に開いてからゴミを入れるとなると、片手は必ず扉を開かねばならず、手が濡れたり、汚れたりしやすいキッチンでは都合がよくありません。

ということで、いろいろ検討した結果、自在丁番というものを使いました。
d0237564_1221886.jpg

d0237564_12211764.jpg

「自在丁番」というのは、押し開き、引き開きの両方ができ、なおかつスプリングが効いているというものです。
「ウエスタン丁番」とも呼ばれて、西部劇の酒場のシーンで、入口の扉を勢いよく押して入ってくるシーンや、勢いよく押して出ていくシーンがありますが、そういう扉に使う丁番です。
普通は側面につけるのですが、今回は上に付けて使用しました。

それから、もう一つのポイントは、ボックスの天板と、正面の扉材以外は、◇国産杉の新材を使っているという点です。
新材部分は、WB(ホワイトベージュ)に塗装してあり、OLD ASHIBAの部分は、無塗装です。
新材を使うことのメリットとしては、第一にコストを下げることができる点。
第二に、板の厚みが薄くなることにより、外寸は同じでも、内寸を広くすることができる点。
OLD ASHIBAは足場板なので、基本が35ミリ。
今回は、新材部分に27ミリの材料を使っています。
d0237564_12213069.jpg

WB(ホワイトベージュ)という色は、白っぽい色ではありますが、ペンキなどの真っ白な色には程遠い色です。
含浸型の塗料で、半透明なので、下地の色の影響も受けやすく、色あいとしては白っぽい木の色になります。
そのため、日焼けなどですでに赤味が抜けてグレーになってきたOLD ASHIBAの色に比較的近く、違和感がありません。
逆に、なじみ過ぎているくらいかのしれませんね。
d0237564_12214152.jpg

商品データ*********************

OLD ASHIBA+杉新材ミックス  ゴミ箱ボックス
仕上げ OLD ASHIBA(無塗装) 新材部 WB(ホワイトベージュ)ステイン
サイズ H900 W500 D400
下部丁番  鉄製H型 Mサイズ 黒
上部丁番  鉄製自在丁番  黒
取っ手  ハンドメイド 平板M

参考価格  30000円(税込 32400円)送料込
by woodpro-shop | 2016-05-07 12:19 | WOODPROオリジナル商品 | Trackback
トラックバックURL : http://woodprosp.exblog.jp/tb/23002689
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< OLD ASHIBA カップボ... 今週の「ここからごはん」 5月... >>








■所在地
〒733-0833
広島県広島市西区
商工センター2-7-21
TEL082-961-3451(Shop)
082-961-3452(Cafe)
082-961-3454(BASE)
FAX082-961-3453

■営業時間
Shop 11:00-18:00
Cafe 11:00-18:00
(Last Order 17:30)
BASE 11:00-18:00

■休業日
毎週木曜日定休
変則的な場合があります。
詳しくはHPにてご確認ください。
     
    

     
      

■URL
http://woodpro-shop.com


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30