5周年に寄せて、足場板のお話
こんにちはyunです。

来る7/27にWOODPRO Shop&Cafeは開店5周年を迎えます。
いつもいらしていただくみなさまのおかげ、支えてくださるたくさんの方のおかげと深く感謝しております。
5周年記念のささやかなプレゼントとして、感謝の気持ちを込めて、ミニミニ木っ端を作りました。
7/27より8/1までの5日間(7/28は店休日です)、毎日WOODPRO Shop&CafeおよびWOODPRO BASEでお買物してくださった方、先着100名さまに、ボールチェーン付きミニミニ木っ端をプレゼントさせていだきます。

d0237564_1791714.jpg

d0237564_1793075.jpg


なぜ、5周年の記念品がミニミニ木っ端なのか、今日は私たちと足場板のお話を書かせていただきました。
少々、長文ですが、ご一読いただければ幸いです。


足場板とは、建設現場で作業する際に作業員さんたちが乗って歩く板のこと。
現在ではもっぱらアルミやスチールなどの金属のものが主流ですが、現場の工法により、今も木製の足場板が使われています。
人命を預かる板なので、強度に不安を覚えたら現役引退となりますが、木材としてはまだまだ使えるもの。WOODPROでははじめは表面の傷んだところを削ってプランターとして、そしてその後は、傷やペンキの跡、サビ跡のついた、使い古されたその味わいを活かして、内装用の素材として、また家具として、販売するようになりました。
1枚1枚、ていねいに洗ったり、釘を抜いたり、手間暇かけて再び素材に命を吹き込み、無駄なく最後まで使い切る、それが今日のWOODPROのものづくりの礎なのです。

また、割れを防ぐため、木口には波釘と呼ばれる金物が入っていて、リユースの際には波釘のついたこの部分は切り落としてしまいます。この切り落とした部分が木っ端(こっぱ)です。通常廃棄してしまう木っ端ですが、鉢を置く台にしたり、メッセージボードにしたり、結構使いようによっては楽しめます。
WOODPRO Shop&Cafe 1階のショップとカフェの入口には木っ端をモザイク状に並べた壁があり、お店のシンボルのひとつとなっています。
ひとつ50円で販売している木っ端はWOODPRO Shop&Cafe 開店以来、人気商品のひとつですが、売上金は東日本大震災の復興のために全額寄付させていただいています。

通常、足場板はその持ち主の会社ごとに独自の色がつけられ、たくさんの会社の足場板が混在する現場でもひと目で持ち主がわかるようになっています。今回ノベルティとして作ったミニミニ木っ端は、本物の足場板の端材を使用し、実際にWOODPROが建設現場に貸し出している足場板のオリジナルカラーの濃紺色が木口に塗られていて、よりリアルな仕上がりとなっています。

ミニミニ木っ端をお傍においていただいて、私たちのものづくりへの想いを感じていただければこんなうれしいことはありません。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
by woodpro-shop | 2016-07-22 16:48 | Shop | Trackback
トラックバックURL : http://woodprosp.exblog.jp/tb/23324345
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 今週の「ここからごはん」 7月... 今週の「ここからごはん」 7月... >>








■所在地
〒733-0833
広島県広島市西区
商工センター2-7-21
TEL082-961-3451(Shop)
082-961-3452(Cafe)
082-961-3454(BASE)
FAX082-961-3453

■営業時間
Shop 11:00-18:00
Cafe 11:00-18:00
(Last Order 17:30)
BASE 11:00-18:00

■休業日
毎週木曜日定休
変則的な場合があります。
5月4日(木・祝)は営業いたします。
詳しくはHPにてご確認ください。

     
    

     
      

■URL
http://woodpro-shop.com


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31