カテゴリ:インテリア施工例( 89 )
中区 S様が店舗内装を施工されました!
こんにちは。ショップスタッフmicroです。

今日はS様が11月にオープンされたばかりの
中区のワインバーの内装をご紹介いたします。
d0237564_1627145.jpg

WOODPRO Shopで材料のみご購入されて、
S様がご自身で板貼り作業をされたそうです!
床は杉古材バターミルクペイント仕上げ品を数色組み合わせて。
d0237564_16272570.jpg

壁は杉古材の無塗装をリボスクリアで仕上げてあります。
d0237564_16274371.jpg

カウンターは既存の台に5mm厚の古材風に仕上げたT5鉄サビなめらかを貼り、
リボスのローズウッドを塗布。
d0237564_16275651.jpg

食器棚はオーダー品としてWOODPROの工場で製作いたしました。
d0237564_16323248.jpg

カウンター上の棚板は杉古材バターミルクペイント仕上げ品です。
d0237564_16332814.jpg

写真にはないのですが、
トイレなどにはバターミルクペイント(白)が塗ってあります。
アンティークのドアを入口につけて、
外壁の仕上げは当ショップでご紹介した業者さんが工事をさせていただきました。

30㎡くらいの広さの店内を
2~3週間で施工されたとのことです!
ご自分で施工をすると愛着もひとしおですね!
こちらのS様のように、
自分でリフォームしたいから材料をどう用意したらいいのか…
そのようなご相談もぜひお気軽にどうぞ!
by woodpro-shop | 2014-11-08 16:19 | インテリア施工例 | Trackback
TVボードを作りました!
ITAです。

突然、本社のHさんから、「TVボードを作りました!」というタイトルのメールが届きました。
見てみろと言わんばかりに多数の写真が添付されて。
これは相当の自信作だな。 どれどれ・・・

おぉぅ!カッコいいじゃないですか!
TVボードとして使用していますが、いろんな用途で活躍しそう!
d0237564_16112975.jpg

扉付き収納の中は本棚としているんですね。自分で設計して作ったものだから、使い勝手も良さそう。
d0237564_16104757.jpg

このTVボードの一番の特徴は、2段になっているボックス部分が横スライドができること。
この構造だと、横幅がほぼ半分のサイズまでコンパクトにすることができます。部屋を広く使いたいときには便利な機能ですね。
塗装もセルフでやったとのことでした。いい感じです。

自分がイメージしたものが出来上がる喜び、最高ですよね。
自慢したくなるのもわかります(笑)

さぁさぁ、DIYが盛り上がってきていますよ!次は何つくりましょうか!
by woodpro-shop | 2014-10-22 16:13 | インテリア施工例 | Trackback
テレビボード、テーブル、チェアをお届けしました。
こんにちは。microです。

今日のブログは、
廿日市市 A様邸に本日お届けしたばかりの
オーダー家具のご紹介です。
家具がA様の思い通りのレイアウトにできました。
とても素敵な空間です。

【オーダーのCタイプテレビボード】
 オリジナルで製作しております。
 引き出しや扉などを取り付けて
 収納力もたっぷりのテレビボードに仕上がりました。
 ※規格品のCタイプテレビボードについてはこちら>>>
d0237564_16485246.jpg

【Aタイプテーブル】
幅1700mmなので4人がゆったりと座れることができます。
(配送直後の写真のためチェアの一部が緩衝剤で包まれております。)
d0237564_1753792.jpg

チェアの座面の高さに合わせて、
テーブルの高さを標準の710mmから730mmにしております。
d0237564_1754979.jpg

Aタイプテーブルの高さは410mm~750mmまでなら金額に変更なしで
対応が可能なのでテーブルの高さでお悩みの方はぜひご相談ください。

オーダーの家具だと部屋にぴったりの使いやすいサイズがうれしいですね。
塗装品の色は8色から選ぶことができるので、
お部屋の雰囲気に合った色の家具を揃えることができます。

お客様宅の設置例を見る度にわたしもいつかそろえたいなーと思います。
わたしのようにいつか欲しいな…という方も、
近々欲しいぞという方もぜひお気軽にご相談ください!
一緒にすてきなお部屋づくりの夢を叶えましょう♪♪
by woodpro-shop | 2014-10-05 15:42 | インテリア施工例 | Trackback
バターミルクペイントで家具のリメイクをしてみました!
こんにちは。ショップスタッフmicroです。

9月も中旬になって涼しくなってきましたね。
芸術の秋、ものづくりの秋を先取りしてみませんか?

先日、わたしは休日にコートハンガーのリメイクに挑戦しました。
ホームセンターでよく見かける質感のコートハンガーを、
アンティーク風の落ち着いた白に塗り替えてイメチェンです★
d0237564_15385566.jpg

使った塗料はこちら。
アメリカ製のバターミルクペイントと、ひび割れ模様が出せるオールクラックアップ。
d0237564_15391419.jpg

塗料を塗る前に、まず全体のパーツをばらしました。
そして、これから塗る塗料の食いつきが良くなるように、塗膜の表面にペーパー(紙やすり)で傷をつけます。
d0237564_15401628.jpg

ペーパーがけが終わったら、いよいよバターミルクペイントを塗っていきます!
わたしはオールクラックアップでひび割れを楽しみたいので、
ひび割れから見えるように最初に淡い青と、濃い青を塗りました。
d0237564_15402946.jpg

30分~1時間くらい乾かしたら、オールクラックアップを重ねて塗ります。
★オールクラックアップは一定方向に塗ります★
(下地の色を横方向に塗ったら、オールクラックアップは縦方向に)
クラックアップを乾かして、その上からさらにバターミルクペイントを重ねて塗ります。
★このバターミルクペイントはクラックアップを塗った方向と交差する方向に塗ります★
(クラックアップが縦方向なら、最後のバターミルクペイントは横方向に)
すると、みるみるひび割れ模様が出てきます。
d0237564_16371079.jpg

フワーっとひび割れが広がるので見とれてしまいます。
でも見とれていると、ひび割れに追いつかなくなるので、
見たいのをがまんしていっきに塗ります。
クラックアップを全体に塗りすぎた感がありますが、
ひび割れがきれいに出来てかっこいい仕上がりになりました。
d0237564_16374673.jpg

コートハンガーを乾かす間に、鏡の枠も一緒に塗りました。
(この鏡も、ホームセンターなどでよくある茶色い枠のもの)
こちらは、クラックアップを控えめにしたので部分的にひび割れてます。
ひびの配分はこのくらいがほど良い感じがします。
d0237564_16435041.jpg

今回、わたしは最後に重ねる色は白にしましたが、
バターミルクペイントの色によって雰囲気ががらりと変わります。

バターミルクペイントもオールクラックアップも
WOODPRO Shopで取り扱いしております。ご相談もお気軽にどうぞ~!
みなさんもぜひ自分の好きな色で家具のリメイクに挑戦してみてください♪
思っているよりも手軽に塗ることができますよ♪
by woodpro-shop | 2014-09-14 17:25 | インテリア施工例 | Trackback
カフェ・オリゼ
こんにちは、WOODPROのシャチョウです!

今日とても素敵なカフェに行ってきたので紹介させてください。
場所は島根県の雲南市、広島市内からだとちょっと遠いイメージでしたが、今は三次から無料区間の高速道路も開通してグンと近くなりました。

今年の春に木次の地に引っ越して来られたオーナーさんが、築60年の平屋の古民家を改装してこの夏オープンされたばかりの落ち着いた雰囲気の古民家カフェです。

d0237564_1121468.jpg

カフェの佇まいが木次の町に溶け込んでます。

d0237564_1123857.jpg

古民家ならではの力強い構造は、自然素材に囲まれて何とも落ち着きます。

d0237564_112138.jpg

玄米とお野菜、そしてオーナーの愛情たっぷりのマクロビランチが食べられます。
(今日は予約でいっぱいだったので、美味しいコーヒーだけいただいて帰りました。リベンジしなきゃです!)

d0237564_112947.jpg

床はもちろんASHIBAの板、これはWOODPROショップ限定品の幅広(240mm幅)の使い古した杉足場板、力強い古民家の床材には相性ピッタリです。

d0237564_1113612.jpg

カウンター越しにオーナーさんの手作り料理が目でも楽しめますよ!

d0237564_1121114.jpg

オリゼとは米糀の学名だそうです。オーナーさんの食に対する想いがこもった名前です。

カフェ・オリゼ | café A.oryzae
〒699-1311 島根県雲南市木次町里方331-1
TEL: 0854-42-5486

木次からオリゼ菌がどんどん繁殖していくよう、応援してます!
共に頑張りましょう♪
by woodpro-shop | 2014-09-04 22:46 | インテリア施工例 | Trackback
ベランダにも心地良さを!
こんにちは!ショップスタッフBonkoです。
少しずつ風が秋をつれてきているからでしょうか?外がとっても気持ちいいですね♪

今日はそんな秋のまったりタイムにもぴったりのベランダ施工、ご紹介しますね。
安芸郡にお住まいのT様邸。
施工前と後の様子、見比べて見てください!

Before
d0237564_13151730.jpg
そしてAfter
d0237564_13395399.jpg
ベランダの床一面、デッキボードを施しています。排水溝もすっきり目隠しして、小さなお子様が転ばないよう配慮され、段差もなくしています。

反対側のBefore
d0237564_13465198.jpg
After
d0237564_1348482.jpg
こちらには、避難ハッチやパイプがあって割合入り組んだ形ですが、こんな時にも柔軟に対応させていただくので、ほぼ隙間の出ない理想的な状態で設置可能になるんです。♪
d0237564_14195467.jpg
そして、避難ハッチには後日、上に取り外し出来る蓋をお付けすることになっています!ハッチの形に合わせるのもさることながら、微妙な高低差も考慮した商品でお持ちする予定です。

お部屋からの眺めも・・・
d0237564_14324095.jpg
から
d0237564_14332129.jpg
変わりましたね~!!

デッキボードは、基本的に板3枚が1パネルになった構造。簡単に取り外しが可能です。掃除する時などにはパネル毎外して出来るので、ひとりでも楽々ですよ♪

こうしたエクステリアのご相談も承ります!WOODPRO Shop&Cafeにぜひ♪
by woodpro-shop | 2014-09-03 13:50 | インテリア施工例 | Trackback
Nさま オーダー家具の写真紹介
ITAです。

佐伯区のNさまより、オーダーいただいた家具の写真を送ってもらいました。

こちらは、オーダーのテレビボード。
横幅が2メートルもあって大きいですが、高さが35センチと抑えられているので、存在感がありながら主役のテレビを引き立てているのがいいですね!
d0237564_17493186.jpg

こちらは、お部屋の中に配置された2×4の格子ラックですね。
時計や小物を配置して、いい感じに写真を撮っていただきました。おかげで、格子ラックの魅力がより良く見えます。
d0237564_1751452.jpg

すごくカッコよく写真を撮ってくださり、飾り付けも勉強になりました。
無理言って写真を送っていただき、Nさまありがとうございました。
by woodpro-shop | 2014-09-02 17:50 | インテリア施工例 | Trackback
サイドテーブルのリメイク ―前編 OLD ASHIBAの天板を作るの巻
こんにちは、WOODPRO本店の店長くり坊です。

IMG_1798-1.jpg


本日ご紹介するのは、市販のパイプ式サイドテーブルのリニューアルです。

IMG_1720-1.jpg


先日、関門海峡ミニ旅行の際に、福岡まで足を延ばして行った、IKE○で買ったもの。
価格は、2000~3000円の間くらいだったと思います。

さて、これをOLD ASHIBAでリメイクすることにしました。

まずは、交換用のOLD ASHIBA天板を製作します。
50センチの長さのフリー板(200幅と90幅)を並べて、その両端に棒状の縁材を取り付けますが、まずは位置をあわせて、しるしをつけます。
足場板の場合は、幅の誤差が大きいので、実物に合わせないとぴったりの長さになりません。
IMG_1731-1.jpg


しるしをつけたら、のこぎりで長さカット。
今回使用したのは、木を乾燥させる際に使う桟木の古材。現在、広島のリアルショップ(WOODPRO shop&cafe)では売ってますが、便利な材料なのでネット(WOODPRO本店、楽天市場店)でも売ろうかな、と思ってます。
IMG_1734-1.jpg


IMG_1738-1.jpg


カットした切り口はサンドペーパーで磨きます。
が、迂闊にも、サンドペーパーを切らしており、買いに行くのも面倒なので、原始的ですが、庭先のコンクリートでスリスリ。
IMG_1739-1.jpg

角を少し丸くしてみました。
IMG_1741-1.jpg


これをビスで両端に取り付けたら、天板の完成。
IMG_1742-1.jpg


続いて、ブライワックスを塗布。
IMG_1743-1.jpg


軍手をして、ウエスにワックスをつけて擦り込み、余計なワックスをふき取ります。
まず、失敗することはありませんが、夏場はワックスがよく溶けているので扱いに注意。

IMG_1748-1.jpg


途中ですが、長くなってしまったので、ひとまずこの辺で。
気になる方は、後編をご覧下さい。
by woodpro-shop | 2014-08-27 18:00 | インテリア施工例 | Trackback
サイドテーブルのリメイク ―後編 OLD ASHIBAの天板に付け替えるの巻
こんにちは、続いて後編も、WOODPRO本店の店長くり坊です。

IMG_1751-1.jpg


前編は、交換用の天板をOLD ASHIBAで作って、ブライワックスを塗布するところまででしたので、その続きです。
冒頭の写真は、パイプの組み立て家具をひっくり返したところです。
5本のねじで固定してあります。
もともと自分で組み立てたものですし、天板は簡単に外せます。
これを外して、天板をOLD ASHIBAに取り換えます。

IMG_1754-1.jpg


新たに製作した天板を取り付ける場合、もともと使ってあったネジは使えないケースがほとんどですので、それにあったネジを手持ちのネジの中から探して選びます。

IMG_1757-1.jpg


もともとの穴が大きい場合には、手持ちのネジの頭が抜けてしまうので、ワッシャーを挟んで抜けないように工夫します。

たかがビス数本のことですが、これをホームセンターまで行って選ぼうとすると結構面倒くさいですし、せっかく買ったビスが使えなかった、なんてこともあります。

そこでおすすめなのが、雑ビスを取っておくことです。
予備についていたネジや、買ったけど余ったネジ、家具を分解した際に出てきたネジなどを捨てずに取っておきましょう。

IMG_1787s.jpg


組み立て家具についていたレンチや、固定金具などもとりあえずこういった透明な箱に入れて取っおくと、わざわざホームセンターに行かなくても間に合うケースが多いですね。

そして、天板を取り付けたら、出来上がり。

IMG_1792-1.jpg

IMG_1781s.jpg

IMG_1799s.jpg


欠けた感じも味わいがあっていいでしょ。
また、このブライワックスの質感がOLD ASHIBAのの味わいを増幅させてくれますね。

それでは、本日はこの辺で。
by woodpro-shop | 2014-08-27 17:30 | インテリア施工例 | Trackback
TRAVELER'S FACTORY がやって来る!!
こんにちは、WOODPRO杉足場板専門店の店長中本です。

世界への旅の出発点、成田空港の第1ターミナルに、いつもお世話になっているトラベラーズファクトリーさんが初のブランチを出店。エアポートモールのリニューアルにあわせ、2014年7月8日にオープンされました。

s-IMG_3153fix.jpg

s-IMG_3148fix.jpg

取扱いアイテムの魅力もあいまってとても素敵なショップに仕上がりました。成田から世界へ旅立つ前にはぜひお立ち寄りください!
s-P1350887.jpg

s-P1350973.jpg

中目黒の路地裏に佇むトラベラーズノートの基地、トラベラーズファクトリーは東京でWOODPROのASHIBAが見えるお店一号店。今回もトラベラーズさんのリクエストでたくさんのASHIBAをご利用いただきました。
『東京でASHIBAが見れるお店』 ~ vol.01 TRAVELER'S FACTORY


今回の成田店でご利用いただいたのは、 WOODPRO Shop & Cafe(広島)限定品の【5-(1×1/2)-キャラクター】、ご覧のようにちょっとペンキの多い板です。s-0624.jpg


いや~、成田なんて行かないし・・・、東京中目黒だって、なかなか・・・、という方にyunから朗報!!
トラベラーズファクトリー初の全国縦断キャラバンが決定!!!
広島のWOODPRO Shop&Cafeにやってくるのです。

「TRAVELER'S FACTORY caravan
~旅するスパイラルリングノートバイキング~」
10月14日(火)@WOODPRO Shop&BASE


ノートバイキングあり、ファクトリー限定アイテムあり、キャラバン限定グッズありと、
この機会でないと手に入らないものだらけ!!!

熱烈なトラベラーズノートファンも、トラベラーズノートブックって何?っていうあなたも、
もう絶対見逃せないこのイベント!!
今から、10月14日のスケジュール、しっかりあけておいてくださいね!
by woodpro-shop | 2014-08-18 18:35 | インテリア施工例 | Trackback








■所在地
〒733-0833
広島県広島市西区
商工センター2-7-21
TEL082-961-3451(Shop)
082-961-3452(Cafe)
082-961-3454(BASE)
FAX082-961-3453

■営業時間
Shop 11:00-18:00
Cafe 11:00-18:00
(Last Order 17:30)
BASE 11:00-18:00

■休業日
毎週木曜日定休
変則的な場合があります。
5月4日(木・祝)は営業いたします。
詳しくはHPにてご確認ください。

     
    

     
      

■URL
http://woodpro-shop.com


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30