カテゴリ:WOODPROオリジナル商品( 124 )
DIY用板素材のご紹介【5-5、5-5なめらか、巾木なめらか】
MIYです。

今日のDIY素材紹介は今週末から店頭で販売を開始したばかりの注目の板です。

5-5ワイルドと5-5ワイルドなめらか仕上げ!
木端なめらか仕上げと多目的ボードが置いてあるメッシュパレットの下段に新登場です。
d0237564_18555139.jpg

写真左が5-5ワイルド、右が磨きをかけたなめらか仕上げ。
サイズは長さ450mm、幅約200mm、厚み35mmです。
とてもラフな板で一枚一枚表情が違います。
価格jは5-5ワイルドが一枚400円、なめらか仕上げが一枚600円になります。
d0237564_18572739.jpg

長さが決まっているのでカット要らずでこんな棚付ミニベンチが作れてしまいます。
材料費はなめらか仕上げ×4枚で2400円!
d0237564_18595466.jpg


また、同時に巾木の定尺なめらか仕上げも新登場!
こちらは一枚500円。
600mm、500mm、400mmと長さが揃っているので使いやすい!
定番のサインボードにもオススメです。
d0237564_1911534.jpg


ショップにはたくさんの素材が揃っていますので、実際に見て触ってDIYのアイデアを膨らませてみて下さいね。DIYに役立つ工具類もたくさん取り扱っていますよ。
by woodpro-shop | 2014-06-29 18:12 | WOODPROオリジナル商品 | Trackback
OLD ASHIBA 内部扉
こんにちは、WOODPRO本店の店長くり坊です。

IMG_7406s-1.jpg


本日は、内部扉のご紹介。
家の中の建具といえば、ドアや収納扉といった大物が中心ですが、大きなものになるほど、木の反りの影響もでやすく、OLD ASHIBAのような反りの出やすい材料だと、問題が出る可能性が高くなります。
そのため、ドアの製作は基本的にお受けしていません。

冒頭の写真は、引き戸です。
おそらく、キッチンとダイニングの間とか、洗面所とキッチンの間とかいった場所に、半ば装飾的に使われるものと思われます。

IMG_7398s-1.jpg


それから、もう一つは、両開き戸です。

IMG_7422s-1.jpg


こちらは、吹き抜け用ですね。
二階の居室や、ホールに付けて、開くと、下にリビングが見えたり、という感じでしょう。
二階にいながら、階下の雰囲気も感じられるということで、住宅全体に一体感がでますね。

下からお母さんが「ごはんよ」とか声をかけると、子供が顔をだして、「ちょっと待って」とか。
いい感じですね。

私などは、前の会社をやめて、住宅手当もなくなって、余裕もあまりなかったので中古を家を買いましたから、住宅のプランニングの楽しみというのは知りません。
あれこれと空想しながら一つ一つ決めていくというのは、注文住宅の醍醐味なんでしょうね。

さて、こういった扉ですが、扉そのものは、収納の扉の形とあまり変わらないのですが、決定的な違いは、両側から見える、という点ですね。

そのため、それなりに作る苦労というのがあります。
表側の美観だけを考えればいい収納扉と違って、扉の両面が見えるということは、削れない、ということでもあります。
OLD ASHIBAという素材は、反りもあるし、厚みの違いも結構あるので、精度を出すために片面を削って平らにする、という作業をする場合が多いのですが、それができません。

それから、板を切った切り口の麺というのは、「新しい面」になってしまうので、その点も注意が必要です。


IMG_7430s-1.jpg


こちらの写真を見ていただくと、枠の前面がちょっと赤みがある「新しい面」になってます。

吹き抜けの上部に入るので、あまり目立たないとは思いますが、設計時に考えておくべきポイントではありますね。

今回は透明でしたので、多少気になりますが、着色系の塗装の場合には、目立ちにくくなります。

参考価格は、引き戸、開き戸、それぞれ35000円くらいです。

名称未設定 1.jpg

by woodpro-shop | 2014-06-25 18:00 | WOODPROオリジナル商品 | Trackback
DIY用板素材のご紹介【30N鉄サビ、15N鉄サビ、15N白】
MIYです。

WOODPROのDIY素材紹介コーナー第3弾!
今日は新材でも古材でもない古材風の素材の登場です!
元は表面を削った足場板の芯部分を独自の製法で古材風に仕上げた板です。
30Nは厚み30mm、15Nは厚み15mm。
幅は180mmで長さは1900mm。
色は鉄サビと15Nには白も用意しています。
d0237564_180325.jpg

こちらは30N鉄サビで作った塗料棚!
これだけの厚みがあれば棚を作るのにはもってこいですね。
d0237564_17593484.jpg

続いてこちらは15Nを使ったタブレットスタンド!
先ほどの塗料棚に置いてあるBRIWAXで仕上げてみました。
d0237564_15514818.jpg

最後にこちらが15N白を棚板に使ったディスプレイラック!
厚さ15mmは棚板ほか小物の作成に活躍します。
d0237564_1550824.jpg

表面がなめらかに仕上げてあるため、これらの作品例の他にも床材や壁材としての利用もオススメです!

さて、この素材の注意点ですが、ショップに置いてある材料はアウトレット品であるため反り、曲がり、幅不揃い、節穴ありなど何かしらの欠点があります。、。元はネットショップのWOODPRO杉足場板専門店でセット販売している材料ですが、生産の途中で欠点ありの材料も生まれてしまいます。そこでネット販売しにくいアウトレット品をショップで格安に販売しているんです。
そのため価格は30N鉄サビと15N白が1000円、15N鉄サビが800円と大変お買い得になっています。
実際にお店で見てみたら欠点は気にならないものであることが多いです。このボリュームの素材でもお手軽にDIYを始められるので是非一度確かめてみて下さいね。
by woodpro-shop | 2014-06-17 18:33 | WOODPROオリジナル商品 | Trackback
DIY用板素材のご紹介【桟木】
MIYです。

前回の巾木に続いて今日は桟木の紹介をします。

桟木は900mm前後の細長い材料で幅は40mm弱、厚みは20mm弱。
桟木には新材と古材の2種類を用意してあります。
まずはこちらが新材。お値段100円!
d0237564_2081770.jpg

細長い材料だから枠にするのにちょうどいいですね♪
d0237564_20101383.jpg


そしてこちらが古材。お値段は300円!
d0237564_2091890.jpg

こんな感じでちょっとした飾りに♪
古材ならではの色合いが魅力です。
d0237564_2084894.jpg

小さ目のものを作るのには大活躍間違いなしの桟木!

そしてある時は、板どうしを裏から留めてテーブルや棚板を作ったり。
そんな裏方的な、でもある意味とても大事な役割を担うのもこの桟木なんです。

こんなお手軽素材を利用して、あなたもDIYを始めてみませんか?
by woodpro-shop | 2014-06-01 18:14 | WOODPROオリジナル商品 | Trackback
DIY用板素材のご紹介【巾木】
MIYです。

WOODPROにはいろいろな板素材がたくさんあります。
先日の東京蚤の市では素材だけの提供でたくさんのDIY作品に挑戦していただきました。
今後Shop&Cafeでも自由に素材を使ったワークショップを検討中しています。
そこで、DIY素材になる様々な板を1種類ずつ今日から紹介していきます!
みなさんのDIY活動のヒントになりそうな使用例も載せていきますね。


今日は巾木をご紹介します。
2F、板ものコーナーの一番奥に並ぶカラフルな巾木。
厚み約15mm、幅150~200mm、長さ最大2000mm。
価格は20cm100円!
d0237564_2094614.jpg

長いの不要という方にはカット済の短い巾木も一枚400円でお買い求めいただけます。
d0237564_20103715.jpg

板の表面はこんな感じでサンディングを行っていないためザラザラとした手触り。
d0237564_201377.jpg

しかしサンディングをすると一部色が落ちて味わい深い質感になります。
これはオススメです!是非挑戦してみて下さい!
d0237564_20132943.jpg

さて使用例ですが、まずは店内什器からひとつ
L字アングルを付けた飾り棚です。
これは初心者でも簡単にできてオススメ!
いろんな素材を使える飾り棚ですが、巾木なら厚みが薄いため控えめに置けます。
d0237564_20184244.jpg

そしてこちらは東京蚤の市で作品例として置いていた棚になります。
カラフルでポップな印象がありますね。
d0237564_20191174.jpg

店内には他にもたくさんの什器に巾木を使っています。
今度来店される時は、什器のひとつひとつを作品例として注目して見て下さいね。
by woodpro-shop | 2014-05-26 18:32 | WOODPROオリジナル商品 | Trackback
濡れ縁を作る
WOODPRO本店の店長くり坊です。

20140419-IMG_2070s.jpg

WOODPROスタッフI君が自宅を新築しまして、濡れ縁を設置したいということで、「施工はわしがしちゃろう」ということになり、先日、新居にお邪魔しました。

設置場所は冒頭の写真の場所。
横幅3.5Mのリビングの掃出し窓の前です。

庭も広いので、ウッドデッキにするという選択肢もあるところですが、それぞれにメリットもデメリットもあり、住む人のライフスタイル次第ですね。

メリットとデメリットって何?ということになりますので、簡単に説明しましょう。

まず、実用性という意味では、ウッドデッキというのは意外に低いです。
ウッドデッキの上でバーベキューをするには、相当広いスペースが必要になりますし、舞台の上で食事をする感じにもなりますので、日本のようなお隣と距離の近い住宅環境ではちょっと「恥ずかしい」感じになります。
さらに、日中の日当たりは抜群なので、暑くて出ていられない・・・。
意外に使えないのであれば、メリットはというと、
・デッキにフェンスを付けると、リビングの効果的な目隠しになる。
・デッキ上とリビングがほぼ同じ水平面になるので、リビング空間が広く感じられるとともに、デッキに飾った花などで、リビングから見た外の景色もインテリアと一体感が出てくる。
といったあたりでしょう。
「使う」機会は少ないけれども、目隠し効果や、リビングからの景観、広がりといった部分で、十分効果はあります。

濡れ縁というのは、極めて実用的なもので、費用対効果は抜群。
そのあたりは、10年前にメルマガに書いたので、こちらをご参照ください。

vol.23  突然、濡れ縁を考える の巻

この濡れ縁ですが、実は当店の売れ筋商品の一つでもあります。
ちゃんとした濡れ縁というのは、意外に売ってないようです。

さてさて、「わしが作っちゃろう」とは言いましたが、結局は、私は監督となって、働いたのは、新居ののオーナースタッフI君と、その後輩である、スタッフH君。

私の指揮のもと、約二時間ほどで濡れ縁が完成しました。
おそらく次は、1時間ちょっとでできるでしょうね。

完成して、施工者二人の記念撮影。
20140419-IMG_2136s.jpg


W3515 D700  座板3分割、脚4組 のちょっと難易度高めの濡れ縁でした。

濡れ縁の製作工程などは、近くまとめてHPで紹介する予定です。
by woodpro-shop | 2014-05-04 18:07 | WOODPROオリジナル商品 | Trackback
OLD ASHIBA 開き戸 引き出し付収納
WOODPRO本店の店長くり坊です。

20140401-IMG_9448s-Edit.jpg


いつもながら、殺風景な背景にて失礼いたします。

本日紹介するのは、ガラス戸、パネル戸、引き出しがついた、マルチな収納です。
リビングに置いても、キッチンに置いても、個室に置いても使いやすい感じですね。

ご注文いただいたお客様は島根県にお住まいで、もともとネットショップの方から何度かオーダー商品のご注文などをいただいておりましたが、わざわざ広島のWOODPRO shop&cafeまでお越しいただき、今回の商品をショップで打ち合わせの上、ご購入いただきました。

GWや夏休みなその長期休暇になりますと、広島に帰省された方とか、帰省途中にとか、わざわざ広島観光のスケジュールを作って立ち寄っていただいたりとか、遠方からのお客様が増えるようです。
ということで、WOODPRO shop&cafeの方は、明日5/1以外はGWも休まず営業しておりますので、よろしくお願いします。

OLD ASHIBAという素材は、その素材感に存在感があるので、過度な装飾は逆に個性を殺すことにもなりやすく、いつもながら、デザインは極めてシンプル。
でも、このシンプルさが、長く使っていただけるポイントでもあるように思いますね。

20140401-IMG_9456s.jpg


重くて一人では台車から降ろすことができず、台車の上での撮影です。
もちろん、配送は何度か紹介しました「家財宅配便」。

サイズは、W1400 H1200 D400

無塗装で、参考価格は、140000円程度

になります。
by woodpro-shop | 2014-04-30 17:28 | WOODPROオリジナル商品 | Trackback
OLD ASHIBA キッチンシェルフ
WOODPRO本店の店長くり坊です。

20140401-IMG_9438s.jpg


キッチン用の棚ということでお客様から相談があり、最終的に製作したのが冒頭の写真です。
コンセプトとしては、「分解できるキッチン用の棚」。
この「分解できる」というのが、当初からのお客様のご要望でした。

組み立て前の状態がこちら。

20140401-IMG_9447s.jpg


柱の部材が4本。
天板1枚。
引き出しボックス1個。

というシンプルな構成で、これをボルトで組み立てます。
組み立ても分解も簡単です。

実は、柱を4本使って、キッチン用のシェルフを、という商品は現在企画中で、これまで何度もお客様のご要望で製作してきました。

たとえば、こんな感じ。
20100901-OLD ASHIBA キッチンラック 可動棚.jpg


引き出しは考えてなくて、中央の棚の位置を変えることができる、規格品で検討しています。

なんとか、夏前くらいにHPの掲載できたらと思ってます。


ちなみに、今回のオーダー品のシェルフは、引出しがついていたりして完全なオーダー品になります。
参考価格は、29500円。

規格化すれば、もう少しリーズナブルな価格でお届けできると思います。
by woodpro-shop | 2014-04-25 18:45 | WOODPROオリジナル商品 | Trackback
OLD ASHIBA ダウン扉付テレビボード
WOODPRO本店の店長くり坊です。

20140318-IMG_7857.jpg
本日紹介する商品は、WOODPRO shop&cafeのお客様からご注文いただいたものです。

中央はダウン扉付の棚になっています。
デッキとかが入るのでしょう。
20140318-IMG_7860.jpg

両サイドは深めに引出し。
20140318-IMG_7858.jpg
こちらには、DVDとか入れるんでしょうか。

OLD ASHIBAの重厚感を生かした、シンプルなデザインです。



サイズ  W1350 H450 D400
参考価格 税込 70000円
by woodpro-shop | 2014-04-22 15:43 | WOODPROオリジナル商品 | Trackback
ラッシングベルト
こんにちは、本社工場で資材のリユースを担当しておりますNと申します。
WOODPROとして長い間、杉足場板のリユースに関わっておりますと、そんな噂を聞きつけた得意先から「こんなのはどう? 再利用できない? お店で売れない?」なんてお声を掛けられることがあります。

通常はスポット的なものが多く、皆様にご紹介するまでもなく、お店のディスプレイなどに使ってしまうのですが、今回ご紹介するラッシングベルトはちょっと事情が違うようです。

d0237564_15301975.jpg


そもそもラッシングベルトってご存知ですか?
一般にはトラックで荷物を運ぶ時に、荷崩れしないように荷物をしっかりと締めて固定するためのベルトで、付属のラチェットという金具をガチャガチャと締め付けていくものです。業界ではその音に因んで「ガッチャ」って言ったりします。

今回ご紹介するラッシングベルトは取引先の機械商社さんからの紹介で、海外からのコンテナ輸送で工作機械を運んでくる際に使っていたものです。多少汚れていますが、基本1回使用しただけのものです。

ショップではカラフルなこのベルトをディスプレイ用に使っていますが、少々量が多いので良かったら皆さんにもお裾分けしております。

いづれ、また補充しますが、予約はできません。お店にあるだけの限定販売となります。
2階のDIYコーナーに置いてありますので、ご興味のある方は、ぜひお店で手に取ってご確認ください。

いくらで売っているのか気になる方はこちら
by woodpro-shop | 2014-04-20 15:11 | WOODPROオリジナル商品 | Trackback








■所在地
〒733-0833
広島県広島市西区
商工センター2-7-21
TEL082-961-3451(Shop)
082-961-3452(Cafe)
082-961-3454(BASE)
FAX082-961-3453

■営業時間
Shop 11:00-18:00
Cafe 11:00-18:00
(Last Order 17:30)
BASE 11:00-18:00

■休業日
毎週木曜日定休
変則的な場合があります。
詳しくはHPにてご確認ください。
     
    

     
      

■URL
http://woodpro-shop.com


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31