カテゴリ:WOODPROオリジナル商品( 124 )
OLD ASHIBA 二列4段チェスト
こんにちは、WOODPRO本店の店長くり坊です。
d0237564_17553212.jpg

本日ご紹介するのは、OLD ASHIBAのチェストです。
OLD ASHIBAの場合、なかなか精度が出しにくいという事情もあって、引き出しは基本的にレール式です。
このレール式は出し入れがスムーズなのがメリットですが、衣類を収納する場合にはネックにもなります。
引き出しのボックスとキャビネットの本体の間に隙間がありますし、レールそのものに衣類が絡む可能性もあります。

というようなご説明はお客様にしたうえで、ご注文いただきました。

とはいえ、できるだけボックスから衣類ははみ出したりしにくいように、引き出しのボックス部分も深めにしています。
また、3段のスライドレールなので、完全にボックス部分を引き出せるのもメリット。
奥まで、きっちり整理できます。
d0237564_17554595.jpg

そこそこ深いので、無理やり押し込んだししなければ大丈夫そうですね。

2列、4段、計8つの引き出しがあります。
d0237564_17555531.jpg

OLD ASHIBA(杉足場板古材)だけに、こういった傷もあります。
d0237564_1756762.jpg

仮設用の単管パイプの跡ですね。

商品データ**************************************
品名  OLD ASHIBA チェスト 2列4段(計8段)
サイズ  W1400 H1000 D460
仕上げ  無塗装
取っ手  ハンドメイド 平板L
参考価格  99000円(税込み 106920円)
家財宅配のため、配送費別途。
by woodpro-shop | 2016-07-06 17:54 | WOODPROオリジナル商品 | Trackback
アイアン&OLD ASHIBA シェルフ
こんにちは、WOODPRO本店の店長くり坊です。
d0237564_17524787.jpg

本日ご紹介するのは、アイアン&OLD ASHIBAのシェルフです。

木とアイアン、木と皮、木とタイル といった異素材を組み合わせることで、それぞれの良さが際立って、相乗効果が出る、ということがありますね。
特に、木とアイアンの組み合わせは、柔と剛の組み合わせで、魅力的です。

これまで、棚受け金具とか、テーブルの脚とか、いくつかすでにHPに掲載してご好評いただいていますが、シェルフはまだ掲載できていません。

こちらは、アウトレットで販売したシェルフをご覧になったお客様からの依頼で製作したものです。

背面にブレースといわれるバッテンを入れて、変形防止にしています。
木は軟らかいので、鉄のように溶接しただけで直角を保つことはできません。
そのため、アイアンに棚板を付けただけではぐらぐらしてしまいます。
それを防ぐために、斜めの材料を入れるのですが、もっとも効果的なのが、このブレースです。
鉄の筋違(すじかい)ですね。
ただ、一番の欠点は、棚の幅が限定されることです。
d0237564_175357.jpg

できれば棚板の長さを変えるだけで済むような規格にできればと思いつつ、なかなか規格化が進んでいません。

規格化できれば、価格も抑えられるしとは思うのですが、もう少し検討してみます。

ご要望のある方は、HPより、お問合せください。
⇒WOODPRO 楽天市場店
一番したに、お店へのメールアドレスがあります。

よろしくお願いします。

商品データ*******************************
商品名  アイアン&OLD ASHIBAシェルフ
サイズ  W750 H900 D370
仕上げ  アイアン部 黒皮鉄 クリア塗装  木部 無塗装
※  アジャスター付。

参考価格  
アイアン部分   33000円(税込み 35640円)
棚板 OLD ASHIBA 無塗装  4100円(税込み 4428円)X3
合計  45300円(税込み 48924円)
by woodpro-shop | 2016-06-17 17:53 | WOODPROオリジナル商品 | Trackback
OLD ASHIBA テレビボード ガラス扉2列タイプ
こんにちは、WOODPRO本店の店長くり坊です。
d0237564_1740177.jpg

本日紹介するのは、オーダー品のテレビボードです。
WOODPRO shop&cafeのお客様からのご注文でした。

ブログでも、これまでいろんなテレビボードを紹介してきましたが、いろいろご要望が多いのも特徴ですね。
特に、WOODPRO shop&cafeの場合は、直接お客様とショップのスタッフが話をする分、ご要望を伺いやすいのも理由の一つでしょう。
リビングの一等地にどんと置かれるので、テレビやテレビ関連のものだけでなく、いろんな生活用品を収納したくもなります。

ということで、今回は、ツインのガラス扉を配置して、オーディオ機器の収納もばっちり。
d0237564_17401661.jpg

何を入れるためのものかは定かでありませんが、深めの引き出しもついてます。
d0237564_17402942.jpg

正面から見ると
d0237564_1740394.jpg

桟積みしてある板の前で撮ったので、ちょっと背景がごちゃごちゃしてますが・・・・。

それから、杉足場板の古材ということで、節の穴がどうしても開いてしまいます。
えぐれたような大きな節は、節と色の近い樹脂で埋めてあります。
d0237564_17405387.jpg

これまで、いろいろとお客様のご要望を伺い、いろんなテレビボードを作ってきましたので、そろそろ、新しいタイプを規格化したいなあ、と思っております。

商品データ***************************

商品名 OLD ASHIBA テレビボード オーダー品
サイズ  W1800 H450 D380
仕上げ  屋内用透明
ガラス  リストラルM
取っ手  丸棒M
参考価格 115000円(税込み 124200円)
by woodpro-shop | 2016-06-15 18:58 | WOODPROオリジナル商品 | Trackback
OLD ASHIBA カウンター下用薄型収納(3分割)
こんにちは、WOODPRO本店の店長くり坊です。
d0237564_17304234.jpg

本日紹介するのは、OLD ASHIBA カウンター下用の収納です。

キッチンを対面にしたりしたときに、よく、カウンターを併設しますね。
そこに背の高い椅子などを置いてちょっとした食事なんかもできるような、お洒落なイメージですが、実際にはそういう使い方をしないケースも多く、その場合には、カウンターの下がもったいないスペースになってしまいます。
そこで、そのスペースを収納にしたい、というニーズも出てきますね。

カウンター下なので、奥行きは浅く、全体で30センチ程度。
ボックス部分は、◇国産杉の新材で、奥行きが27センチ。
d0237564_173059100.jpg

本日ご紹介するタイプの最大の特徴は、扉や引き出しの前板を、ボックスの外側にセットする、「アウトセット」にしたことです。
開き戸の取っ手はお客様がお好みのものを準備されるため、ついていません。
d0237564_1731142.jpg

アウトセットというのは、実は非常に一般的なタイプで、キッチンや、最近の食器棚はほとんどそうだといってもいいでしょう。
外見上の特徴は、見えるのはほとんど「扉だけ」という点です。
d0237564_17312716.jpg

メリットとしては、ボックス部分のコストを落とせることですね。
例えば「ウォルナットのキッチン」と言っても、実は「ウォルナットの扉のキッチン」であることが多く、ボックスそのものは中身が空洞だったり、繊維板にシート貼りだったりします。
扉を付け替えるだけで、印象が大きく変わるので、作る側にとっても効率的です。

蝶番は、スライドヒンジ。
d0237564_1731483.jpg

前後左右に扉位置を微調整できるので、OLD ASHIBAの無垢材の扉のように収縮しやすい材料の場合は、助かります。

そして、今回は、お客様のご要望もあって、取っ手をシェル型にしてみました。
d0237564_1732183.jpg

ちょっとクラシカルな印象になりますね。
d0237564_17321535.jpg

◇国産杉の新材でキャビネットの本体を規格化して、引き出しとか、開き戸とか、可動棚とか、スライドテーブルとかいった機能的な部分を選んでもらえるようにしようかな、と現在企画中です。
規格化すれば価格も抑えられると思います。

商品データ*************************

OLD ASHIBA キッチン下用収納(3分割)完全オーダー品
サイズ  W870(×3) H850 D310
仕上げ  屋内用濃茶
仕様   可動棚(2段)タイプキャビネット 2台
     引き出しキャビネット  1台
取っ手  真鍮 シェル型   開き戸はお客様がご用意。

参考価格  
パネル扉キャビネット  57000円(税込み 61560円)/1台
引き出しキャビネット  57500円(税込み 62100円)/1台
3台合計  171500円(税込み 185220円)
by woodpro-shop | 2016-06-07 18:33 | WOODPROオリジナル商品 | Trackback
OLD ASHIBA 薄型 キッチンカウンター下用キャビネット
こんにちは、WOODPRO本店の店長くり坊です。
d0237564_1345852.jpg

本日ご紹介するのは、WOODPRO shop&cafeのお客様からのご注文で、薄型のキッチンカウンター下用のキャビネットです。

カウンターの下に設置するということで、できるだけスペースを圧縮するため、背面には、幅木を避けるための欠き込みもあります。
そのため、背板がなくなってます。
d0237564_1351263.jpg

本体の奥行きが235ミリ程度しかないのですが、どうしても235ミリのものを入れて、なおかつ、扉もつけたい、というご要望があったので、こういった、外付け方扉を採用。
d0237564_1352287.jpg

思ったより、違和感はないですね。

中央のスペースは鉄の棒を取り付けてます。
ここにカーテンを掛けられるとのことです。
d0237564_1353576.jpg

カーテンに隠れる場所ということもあって、棚板は、シナランバーコア合板にしています。、

引き出しもまた奥行きが浅く、スライドレールにはちょうどいいものがありません。
d0237564_1354715.jpg

ということで、ストッパー付のプラレールで対応しました。

こういったものは、やはり、完全オーダーでないと対応できないですね。
奥行きは浅いのですが、引き出しも沢山あって、使い勝手はよさそうです。
d0237564_1355771.jpg

商品データ*********************************
OLD ASHIBA キッチンカウンター下用キャビネット(オーダー品)
サイズ  W2110 H925 D240
仕上げ  屋内用薄茶(ウレタン塗装)
取っ手  ハンドメイド平板
参考価格  130000円(税込 140400円)
※通常配送不可  家財宅配運賃別途
by woodpro-shop | 2016-06-01 13:02 | WOODPROオリジナル商品 | Trackback
OLD ASHIBA 引き出し付食器棚 灰白塗装
こんにちは、WOODPRO本店の店長くり坊です。
d0237564_1315394.jpg

本日ご紹介するのは、OLD ASHIBAの引き出し付食器棚です。
基本は現在、WOODPRO shop&cafeに置いてあるもの⇒ガラス扉付キャビネット

上部がガラス扉、下部がパネル扉、中央に引き出し、という、食器棚としては非常にオーソドックスなタイプですね。
d0237564_132521.jpg

現在、食器棚については、すべてオーダー受注という形で対応しているため、どうしても価格的に高めになってしまうのがネックではあります。

規格サイズで価格的に安いのなら、その方がいいというお客様も多いと思うので、早く企画したいとは思っているのですが、なかなかまとまらず、すみません。

商品データ**************************

OLD ASHIBA 食器棚 引き出し付
サイズ  H1755 W1030 D400
ガラス フローラ
塗装 屋内用灰白
参考価格  150000円(税込み 162000円)
※通常配送不可 配送費別途
by woodpro-shop | 2016-05-23 20:00 | WOODPROオリジナル商品 | Trackback
OLD ASHIBA デスク用脚
こんにちは、WOODPRO本店の店長くり坊です。
d0237564_1258365.jpg

本日ご紹介するのは、コンパクトなデスク用の「脚」。

角度を変えて撮ると、とんな感じです。
d0237564_12581799.jpg

これまで、OLD ASHIBAフリー板と一緒につかって、スペースにあわせたデスクが作れる、「キャビネット」「スリムボックス」という商品があり、好評いただいておりますが、ボックスそのものの幅があることと、そこそこお値段もするので、組み合わせると、やっぱりそこそこのお値段になってくる・・・・・
ということで、独立した「脚」を企画中です。

脚部がボックス形状であれば、それ自体が自立しますし、天板も載せるだけでOKなのですが、板状のものですと、自立しにくく、天板を載せただけでは安定しにくい、ということで、L字にしています。
天板を取ったら、こんな感じ。
d0237564_12583276.jpg

これに天板を載せて、ビスで固定します。
d0237564_12592423.jpg

実は、今回、コストダウンのために、背面の板には、足場板の古材ではなく、杉の新材を使っています。
d0237564_12593617.jpg

そのため、多少色あいが違いますが、目立ちにくい場所ですし、あまり気になりませんね。

また、脚は、「ステイン塗装のみ」にしています。
天板と脚を並べて写真をとると、艶の違いがよくわかります。
d0237564_12594937.jpg

お客様の中には、「艶がない方がいい」という方も結構おられるので、塗装のバリエーションとしても、「ウレタンなし」というタイプを増やす計画です。

よりお求めやすい商品を目指して、いろいろ検討中です。
HPへの掲載はもう少し時間がかかるかもしれませんが、興味のある方は、当店のHPよりお問合せください。

商品データ--------------------------------

天板 OLD ASHIBA(足場板古材)フリー板(幅つなぎ材)
厚35mm×幅345mm×長さ720mm 屋内用濃茶   6143円(税込み 6634円)

脚(左右二個セット) 濃茶ステイン塗装
高さ915ミリ  奥行き345用。
参考価格  7500円(税込み 8100円)

合計  13643円(税込み 14734円)
by woodpro-shop | 2016-05-19 12:55 | WOODPROオリジナル商品 | Trackback
OLD ASHIBA 鍵付ロッカー
こんにちは、WOODPRO本店の店長くり坊です。
d0237564_12533481.jpg

今日ご紹介するのは、OLD ASHIBAの鍵付ロッカーです。
詳しい設置場所などは伺っていませんが、荷物置き場に鍵を掛けたいというニーズは多いですね。

ロッカーは、小4個、大2個。
d0237564_12535112.jpg

鍵は、引き出しなどに使われているタイプで、特別防犯性能の高いものではありませんが、ついているのと、ついていないのでは、盗難防止効果は大ちがいでしょう。
本気で中のものを盗る気であれば、無理やりバールでこじ開けたり、蝶番を外したりすれば盗れますので、あくまでも営業中の一時保管のための盗難防止用ということになります。
d0237564_1254416.jpg

d0237564_12541810.jpg

こういったロッカーや、引き出しへの鍵取り付けというニーズはあると思うのですが、実際には、今回が初めてでした。
ご要望のある方はお申しつけください。

商品データ--------------------------

OLD ASHIBA 鍵付ロッカー
仕上げ  無塗装
サイズ  W905 H1600 D390
参考価格  110000円(税込み 118800円)
※配送費別途
by woodpro-shop | 2016-05-11 15:46 | WOODPROオリジナル商品 | Trackback
OLD ASHIBA カップボード ロータイプ
こんにちは、WOODPRO本店の店長くり坊です。
d0237564_12502048.jpg

本日ご紹介するのは、OLD ASHIBAの食器棚のロータイプです。
WOODPRO shop&cafeのお客様からのご注文です。

上段は引違戸になっていて、下段は深めの引き出しになっています。
d0237564_12503645.jpg

低い位置での引き出しというのは機能的ですね。
屈んで水平に物を取り出すのは、腰にも負担がかかりますし、中のものも見えにくいのですが、引き出しですと、少し体を屈める必要がありますが、見下ろす形になりますので、垂直に物を取り出せますし、入れているものもよく見えます。
d0237564_12504946.jpg

最近はキッチンも、食器棚も、腰から下は引き出しが増えていますね。
我が家でも、洗面所の収納を引き出し仕様に変えてもらいました。

現在、キッチン周りの収納はすべてオーダー品として対応しているだけですが、完全オーダーとなるので、価格も高めになってしまいます。
何とかもう少し規格化してお求めやすくしたいと思ってます。

商品データ**************************

OLD ASHIBA カップボード ロータイプ
仕上げ  屋内用透明
サイズ W1200 H950 D500
ガラス フローラ

参考価格  155000円(税込み 167400円)
家財宅配送料別途 
by woodpro-shop | 2016-05-09 19:01 | WOODPROオリジナル商品 | Trackback
OLD ASHIBA+杉新材 ゴミ箱ボックス
こんにちは、WOODPRO本店の店長くり坊です。
d0237564_12203155.jpg

今日ご紹介するのは、ごみ箱ボックスです。

下の段にゴミ箱を入れて、上の扉からゴミを投入します。
ファストフードなどにあるごみ入れのイメージですね。
d0237564_12205264.jpg

ただし、問題は、奥に押し込むようにして開く丁番というのほとんどない、という点です。
上からぶら下がっているという扉の構造上、普通に奥に開くように蝶番をつけますと、どうしても扉が斜めになってぶら下がります。

かといって、手前に開いてからゴミを入れるとなると、片手は必ず扉を開かねばならず、手が濡れたり、汚れたりしやすいキッチンでは都合がよくありません。

ということで、いろいろ検討した結果、自在丁番というものを使いました。
d0237564_1221886.jpg

d0237564_12211764.jpg

「自在丁番」というのは、押し開き、引き開きの両方ができ、なおかつスプリングが効いているというものです。
「ウエスタン丁番」とも呼ばれて、西部劇の酒場のシーンで、入口の扉を勢いよく押して入ってくるシーンや、勢いよく押して出ていくシーンがありますが、そういう扉に使う丁番です。
普通は側面につけるのですが、今回は上に付けて使用しました。

それから、もう一つのポイントは、ボックスの天板と、正面の扉材以外は、◇国産杉の新材を使っているという点です。
新材部分は、WB(ホワイトベージュ)に塗装してあり、OLD ASHIBAの部分は、無塗装です。
新材を使うことのメリットとしては、第一にコストを下げることができる点。
第二に、板の厚みが薄くなることにより、外寸は同じでも、内寸を広くすることができる点。
OLD ASHIBAは足場板なので、基本が35ミリ。
今回は、新材部分に27ミリの材料を使っています。
d0237564_12213069.jpg

WB(ホワイトベージュ)という色は、白っぽい色ではありますが、ペンキなどの真っ白な色には程遠い色です。
含浸型の塗料で、半透明なので、下地の色の影響も受けやすく、色あいとしては白っぽい木の色になります。
そのため、日焼けなどですでに赤味が抜けてグレーになってきたOLD ASHIBAの色に比較的近く、違和感がありません。
逆に、なじみ過ぎているくらいかのしれませんね。
d0237564_12214152.jpg

商品データ*********************

OLD ASHIBA+杉新材ミックス  ゴミ箱ボックス
仕上げ OLD ASHIBA(無塗装) 新材部 WB(ホワイトベージュ)ステイン
サイズ H900 W500 D400
下部丁番  鉄製H型 Mサイズ 黒
上部丁番  鉄製自在丁番  黒
取っ手  ハンドメイド 平板M

参考価格  30000円(税込 32400円)送料込
by woodpro-shop | 2016-05-07 12:19 | WOODPROオリジナル商品 | Trackback








■所在地
〒733-0833
広島県広島市西区
商工センター2-7-21
TEL082-961-3451(Shop)
082-961-3452(Cafe)
082-961-3454(BASE)
FAX082-961-3453

■営業時間
Shop 11:00-18:00
Cafe 11:00-18:00
(Last Order 17:30)
BASE 11:00-18:00

■休業日
毎週木曜日定休
変則的な場合があります。
詳しくはHPにてご確認ください。
     
    

     
      

■URL
http://woodpro-shop.com


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31