カテゴリ:WOODPROオリジナル商品( 120 )
OLD ASHIBA 洗面ミラー ミラー3枚
こんにちは、WOODPRO本店の店長くり坊です。
d0237564_14421536.jpg

本日ご紹介するのは、洗面用のミラーです。
ミラー部分を広くして、なおかつ、その中に収納を確保しようとすると、ミラーを何枚かに分割する必要が生じます。
その際、それぞれのミラーの連続性を持たせるために、ミラーの合わせ目に枠を付けることができません。
OLD ASHIBAで作る場合は、その点が難しいですね。
d0237564_14422754.jpg

なおかつ、使用する蝶番の問題もあって、扉も薄くなければなりません。
d0237564_14424434.jpg

取っ手をつけると邪魔になるので、下側のフレームに少しだけ突起をつけて、そこに手をかけて開くようにしました。

こういったミラーも今回で二台目ということで、製作スタッフもだいぶ慣れてきました。
が、特別防水加工などをしているわけではありませんので、湿気の多い洗面室とか、始終水がかかりっぱなしのようなハードな環境には適しません。


商品データ---------------
OLD ASHIBA 洗面ミラー
塗装仕様   無塗装(現地で塗装)
サイズ  W700 H500 D150
固定棚タイプ

参考価格  37000円(税込 39960円)
by woodpro-shop | 2016-02-23 14:41 | WOODPROオリジナル商品 | Trackback
三脚ソーホース 固定用金具
こんにちは、WOODPRO本店の店長くり坊です。
d0237564_14365614.jpg

ご好評いただいている三脚ソーホースです。
d0237564_1437980.jpg

使わないときには、脚を重ねて片付けることができる、という優れものなのですが、「片付けることはほとんどない」場合もあり、
「天板がずれて危ないのではないか?」
「固定することはできないか?」
といった問い合わせとなどをしばしばお受けします。
そういった時には、配管を固定する「サドルバンド」というものをご紹介していたのですが、太さもいろいろあるし、金属同士がこすれ合って塗装が剥げたりする恐れもあるし、ということで、このたび、標準品としてご用意することにしました。


取り付けは、ビスで行います。
d0237564_14381561.jpg

弱点としては、一本の丸いバーに対して天板を固定していますので、このバーを軸にして、ソーホースが動く、という点です。
天板を持ち上げたら、鉄棒にビラ下がった人みたいに、ソーホースがぶらぶらします。

ただし、横方向に天板がずれてしまうとか、外れてがたんと落ちる、といった心配はありません。
片方の端を抑えた場合には、天板+三脚ソーホースの重みで支えてくれますので、ただ載せただけの状態と比べると、かなり安定感がアップします。
その分、使わないときに簡単に片づけられる、というメリットがなくなりますので、あくまでも使い方によって、ということになります。

4個入り ビス付で 1000円(税込 1080円)になります。
d0237564_143854100.jpg

by woodpro-shop | 2016-02-18 14:35 | WOODPROオリジナル商品 | Trackback
OLD ASHIBA デスクの脚
こんにちは、WOODPRO本店の店長くり坊です。
d0237564_1434232.jpg

今日ご紹介するのは、デスクの脚です。

これまで、キャビネットやスリムボックスと、設置場所にあった長さのOLD ASHIBAフリー板を組み合わせてデスクにする、というご提案をし、好評もいただいておりました。
d0237564_14344064.jpg

ただ、このタイプの問題点は、デスク設置幅の内、キャビネット幅(450ミリ)、あるいは、スリムボックスの幅(210ミリ)を引いたスペースが実際に座れるスペースになるので、ある程度広い場所でないと設置が困難という点。

そこで、本日ご紹介する「デスク脚」のお話になります。
d0237564_14345344.jpg

この脚は、L字になっていて、それそれが自立しやすい形状です。
これに天板の材料を載せて固定すれば、それでデスクとしての機能も果たします。
狭い場所でも座るスペースも確保できますし、当然、ボックスタイプのものよりも価格が安い、というのも魅力ですね。
両側をこのタイプにすることもできますが、一方をキャビネットにすることで、安定感もアップし、使いやすくもなります。

今回掲載した写真は高さについてもお客様のオーダーで対応したものですが、キャビネットと同じ高さのもので、ラインナップに加える予定です。

側面をオープンにして、ビスによる固定をしやすくするとともに、材料の使用量を減らしています。
また、壁側になる目立たない部分は、◇国産杉の新材を使っています。


価格は未定ですが、片足で2000円~2500円くらいになると思います。
脚が5000円以下なら、お手軽に机も作れますね。
by woodpro-shop | 2016-02-08 15:25 | WOODPROオリジナル商品 | Trackback
OLD ASHIBA ガラス扉付テレビボード W180
こんにちは、WOODPRO本店の店長くり坊です。
d0237564_21494334.jpg

今日ご紹介するのは、テレビボード。
WOODPRO shop&cafeのお客様からの注文です。
ほんとにテレビボードというのはご要望の幅が広いですね。

今日のテレビボードは、幅1800で、中央にガラス扉がついたもの。
Cタイプのテレビボードをぐっと横に広げたデザインです。
d0237564_2150178.jpg

両脇の引き出しは、ちょっと深めで、DVDサイズ。
深めの引き出しなので、DVDを入れなくても、いろいろ重宝です。

幅が広いということもあり、仕切りが脚として、下までの伸ばしてあります。
d0237564_21501575.jpg

幅広の場合の補強としては、このように、仕切りを脚として下まで伸ばしたタイプと、仕切りは仕切りとして、補強のための脚を中央の目だたない場所に取り付ける方法があります。
価格的には、手間が軽減できる別に支えを付けるパターンの方が有利です。
その例としては、⇒こちら

現在、規格サイズとしては、通常配送可能なW1350しかありませんが、テレビも大型化しているので、W1500とか、W1800といった幅広のテレビボードのニーズも強くなってきました。
引き出しや扉を規格化して、もっと注文しやすくできればと思っております。

思うばかりで、具体的な企画がなかなか進まないので申し訳ないのですが・・・・


商品データ*************************

OLD ASHIBA テレビボード ガラス扉付 ●オーダー品
サイズ  W1800 H345 D380
塗装仕様   無塗装
ガラス   デザインガラス(リストラルM)
取っ手   角タイプM
参考価格  64000円(税込 69120円)
※別途 家財宅配送料がかかります。
by woodpro-shop | 2016-01-29 19:00 | WOODPROオリジナル商品 | Trackback
OLD ASHIBA ガラス開き戸付食器棚
こんにちは、WOODPRO本店の店長くり坊です。
d0237564_16414639.jpg

今日紹介しますのは、OLD ASHIBAの食器棚です。
上がガラス扉、下がパネル扉という、オーソドックスなスタイルです。

パネル扉には、二つのデザインがあって、今回のオーダー品は、「框組パネルドア」です。
四方を枠で組んで、その中にパネルを入れたものを「框組」といいます。
d0237564_16426100.jpg

HPにも掲載しているキャビネットのパネル扉は「フラットタイプ」となります。

ガラスはリストラルMというチェッカータイプのガラスで、シンプルで人気のデザインガラス。
d0237564_16422316.jpg

扉をあけたところ。
棚板は可動棚で、計7枚のご注文でしたが、とりあえず、2枚だけ取り付けて写真を撮りました。
d0237564_16424394.jpg

棚板は、シナランバーコア合板。
チェックのガラスなので、中の棚までははっきり見えないということで、コストダウンをしました。
OLD ASHIBAに比べると、表面が平滑なので、食器を滑らせて入れたりするときには楽です。
d0237564_1643069.jpg

食器棚のニーズというのはかなりあって、その都度オーダー品として対応しているため、どうしても価格が高くなりがち。
なんとか、扉のサイズとか、引き出しのサイズとかを規格化して、もっとお求めやすくできないかと現在検討中です。

商品データ*****************************

OLD ASHIBA ガラス扉付キャビネット(食器棚)
塗装  屋内用透明
取っ手  黒皮鉄角タイプ
蝶番  真鍮製 V098
可動棚  7枚
サイズ  高さ1800 幅800 奥行き460 ミリ
参考価格 153000円(税込 165240円)
※配送費 別途
by woodpro-shop | 2016-01-20 16:15 | WOODPROオリジナル商品 | Trackback
OLD ASHIBA 大きなキャビネット
こんにちは、WOODPRO本店の店長くり坊です。
d0237564_16221365.jpg

久しぶりにOLD ASHIBAの紹介です。
本日は、大きなキャビネット。
冒頭の写真の通り、棚がたくさんついてます。

反対側は、この通り。
d0237564_16222691.jpg

オープンになっていて、デスクのような形です。

片面はデスク、片面はシェルフ、という空間の中に置くには、とっても機能的な形です。

ただ、とにかく大きく重いので、マンションなどですと、搬入そのものが困難。
一般住宅でも、掃出し窓からでないと入らないでしょうね。

お客様からの情報によれば、これを、リビングとキッチンの間に置いて、テーブル兼キッチンの作業台として利用されるとのこと。

確かに、外側をデスク形状にして、ちょっとした食事ができたりするカウンターとして使ったり、反対の面の棚には、食器類やキッチンで使う道具類などを入れておけば機能的ですね。
d0237564_16223853.jpg

なにしろ重くて一人で動かせないので台車の上に乗せたままの撮影となりましたが、これがリビングとキッチンの間にある状態をイメージしていただければと思います。

こういった大型の家具の配送には、ヤマト運輸の家財宅急便を利用しますが、この配送費の区分が、三辺の合計長さで、200センチ、250センチ、300センチ、350センチという具合に50センチ刻みとなっています。
区分が一つ上がると、送料もぐんと上がります。
今回のキャビネットは、幅180センチ、奥行き80センチ、高さ80センチで、三辺合計340センチなので、350センチという区分になります。
たとえば、205センチでも、250センチという区分になるので、なんとかどこかの辺を5センチ削って200センチにすると、送料も下がります。
とはいえ、ぴったりに使いやすくしようとすると、その5センチが削れないんですけどね。

商品データ------------------------
OLD ASHIBA 大型キャビネット(テーブル兼シェルフ兼作業台)
サイズ  幅180センチ 奥行き80センチ 高さ80センチ
塗装  屋内用薄茶
参考価格  130000円(税込14040円)
配送費  関東の場合 20000円程度。
by woodpro-shop | 2016-01-19 17:58 | WOODPROオリジナル商品 | Trackback
WOODPRO Shop & Cafe リニューアル用什器
こんにちは、WOODPRO本店の店長くり坊です。
d0237564_21534778.jpg

WOODPRO Shop & Cafeは現在プチリニューアル中で、この1月から1階だけ改装されました。
二階は大規模改装して、2月には新装オープンの予定です。

本日紹介するちょっと大きめの什器二台も、その改装に使ったものです。
ガラスの引き戸の入ったものと、大きめの引き出しのついたもの。
上半分の背板は取り外しできるので、実際にはもう少し開放感があります。

それからもう一つ。
d0237564_2154074.jpg

こちらはオープンなシェルフです。
側面もオープンなので、四方からよく見えて、明るいですね。
色は、薄茶で、ウレタン塗装はしてません。

現在、ウレタン塗装で仕上げなくてもインテリアで使いやすいタイプの塗料に変更中です。
ウレタンがかかっていないほうが、傷の時のメンテナンスも簡単です。

ぜひお店でご覧になってください。
by woodpro-shop | 2016-01-14 17:52 | WOODPROオリジナル商品 | Trackback
OLD ASHIBA スライドテーブル付デスク(電子ピアノ対応)
こんにちは、WOODPRO本店の店長くり坊です。
d0237564_1617316.jpg

本日ご紹介するのは、スライドテーブルのついたデスクです。
最近では、パソコンのディスプレイが薄くなったので、キーボードを置くスライドテーブルのついたパソコンデスクというのも減ってきましたが、必要な時だけ出せるテーブルがついているということはなにかと機能的です。

このデスクは、WOODPROの事務スタッフからの注文です。
こどもが練習しようと思った時に、すぐに電子ピアノがひけて、しないときには邪魔にならず、なおかつ普通のデスクとしても使えるもの、という要望に応えて製作しました。
d0237564_16184480.jpg

スライドテーブルを引き出すとこんな感じ。
ここにキーボード電子ピアノを置いて使います。
あまり重いものだと、安定感が気になるところですが、そのあたりはこれからスタッフに確認が必要ですね。
●さっそく出社してきたスタッフに確認してみたところ、「バッチリ」という回答が帰ってきました。
d0237564_16185646.jpg

電子ピアノを置くためには10センチの懐が必要ということで、少々足元は窮屈かも。
d0237564_16191161.jpg

デスクひとつとっても、置く場所や、使い方によって、いろいろとカタチが変わってきますね。

商品データ--------------------------

OLD ASHIBA スライドテーブル付デスク 完成品
仕上げ   屋内用透明
サイズ  W1300 D460 H710
参考価格  46000円(税込 49680円)
※通常配送不可  別途、家財宅急便送料がかかります。
by woodpro-shop | 2016-01-05 15:10 | WOODPROオリジナル商品 | Trackback
◇国産杉 格子ラック 200 ツートン 試作
こんにちは、WOODPRO本店の店長くり坊です。
d0237564_21114853.jpg

今日ご紹介するのは、先日紹介した、◇国産杉 格子ラック 200型 の色違いです。
先日は、茶系の中間色の落ち着いた色のタイプを自宅で撮影して紹介しましたが、今日ご紹介するのは、WB(ホワイトベージュ)とGG(グレイッシュグリーン)のツートンです。

茶系の落ち着いた感じと比べると、ポップな印象を狙いました。

この試作には、もう一つポイントがありまして、背面に鉄の棒を入れて、ズレドメにしていること。
d0237564_2112241.jpg

本を入れる場合には、壁面に本が当たると、壁が傷みやすいし埃も溜まりやすい、ということで、個人的にはズレドメがあった方がいいと思っているのですが、鉄の棒ならお洒落かな、と言う発想です。

こんな感じで、お気に入りのCDをディスプレイできたりするし・・・・。
d0237564_21121326.jpg

こういうかわいらしい棚には、このブックエンドはいかが?
もう何年も前に企画したものですが、そろそろ発売しようかな、と思ってます。
d0237564_21122592.jpg

こうして試作して、実際に置いてみると、ツートンというのは、意外にコーディネートが難しく、塗装も面倒でコストアップになりそうだし、当面はやめとこうかな、という印象。
色あいについても、インテリアということで考ええると、茶系が無難なのかな、とも思ったりして、さて、どういう形で販売し始めるのがいいのか、思案中です。

詳細、もうしばらくお待ちくださいませ。
by woodpro-shop | 2015-11-16 21:04 | WOODPROオリジナル商品 | Trackback
◇国産杉 格子ラック 200  試作中
こんにちは、WOODPRO本店の店長くり坊です。
d0237564_2151797.jpg

◇国産杉のインテリア専用商品、格子ラック200(仮称)現在、試作中。
その中の、3x4タイプの塗装が終わったので、家に持ち帰り、撮影してみました。

この商品がこれまでのWOODPRO商品と決定的に違うのは、塗装です。

◇国産杉新材商品は、フェンスやプランターなど、屋外での使用を目的としていたので、塗装も「防腐防虫剤入り屋外用塗料」でした。
防腐防虫剤入りであっても、安全性の高い塗料で、屋内での使用には全く問題ないのですが、仕上がり感に透明感がなく、オイル系の塗料に比べると仕上がり感が劣りました。
が、今回採用した塗料は、屋内専用で、オイル系の塗料と遜色ない仕上がりです。

ということで、トップにウレタンを掛けずに、そのまま商品化の予定です。
d0237564_2153335.jpg

サイズは、200ミリ角の格子を基本としていて、これは、ハードカバーの四六版の本がギリギリ入るサイズ。
新書、コミックの単行本、文庫本などがすっきりと入ります。
CDには上が少し余りますが、奥行きはほぼぴったりの145ミリです。

個室であれば、もっと大型の壁面本棚、なんかもいいと思いますが、リビングの隅っことか、狭い廊下の端とか、こういった薄型の棚は重宝しそうです。

自宅にて、キッチン入口脇の壁に置いてみました。
d0237564_2154884.jpg

普通の本棚と違って格子のデザインなので、本が倒れにくく、かつ、小物も飾りやすく、いい感じですね。
もちろんサイズも、格子単位でバリエーションをそろえる予定です。

最初は、「置くところないなあ」と言っていましたが、いざ設置してみると、薄型であまり邪魔にならないので、うちの奥様も大変気にいったようでした。

が、撮影用に持って帰っただけなので、撤収しましたが、少々名残惜しそうでした・・・・。
d0237564_216058.jpg

価格も未定ですが、乞うご期待です。
by woodpro-shop | 2015-11-10 17:37 | WOODPROオリジナル商品 | Trackback








■所在地
〒733-0833
広島県広島市西区
商工センター2-7-21
TEL082-961-3451(Shop)
082-961-3452(Cafe)
082-961-3454(BASE)
FAX082-961-3453

■営業時間
Shop 11:00-18:00
Cafe 11:00-18:00
(Last Order 17:30)
BASE 11:00-18:00

■休業日
毎週木曜日定休
変則的な場合があります。
詳しくはHPにてご確認ください。
     
    

     
      

■URL
http://woodpro-shop.com


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31