《小石原ポタリー》のこと、すこしだけくわしく① ― 伝統の技法 ―
こんにちは。ショップスタッフgariです。

以前、WOODPRO Shop & Cafeでご用意している
小石原ポタリーをご紹介しました。
今回は、その "特徴的な模様" についてすこし触れてみたいと思います。


小石原ポタリーでは、小石原焼のいくつかの伝統的な技法のうち
主に二つが取り入れられています。


d0237564_15262813.jpg

飛び鉋(かんな)
化粧土をかけた、まだ乾いていない生地を
ろくろで廻しながら、湾曲した鉄片(時計のゼンマイの刃先)で
削って模様をつくります。

d0237564_15262182.jpg

等間隔に削るのは力加減が難しそうですね・・・

d0237564_13322102.jpeg
こちらが飛び鉋の模様です。
わたしはこの模様を見るといつも、ハリネズミみたいでかわいく感じます・・・



刷毛目
化粧土をかけてすぐ、ろくろを廻しながら
刷毛を当てて放射状の模様をつくります。


d0237564_15260996.jpg


d0237564_13322661.jpeg
こちらが刷毛目の模様です。
模様だけ見るとシンプルですが、お皿全体でみるとよいアクセントになっています。


いずれも、約300年も昔から陶工さん方が修行を重ね、身につけて受け継いだ技術です。
小石原ポタリーは、こうした古くからある柄をそのまま生かしているのです。
だからって、決して古くさくは感じさせない。
それがこのシリーズのよいところだと思うのです。


ただいまショップでは家具フェア開催中です!
OLD ASHIBAの家具とあわせて
小石原ポタリーもぜひご覧ください。


次回は、小石原ポタリーの「かたち」についてご紹介したいと思います!


by woodpro-shop | 2018-09-28 15:04 | Shop | Trackback
トラックバックURL : https://woodprosp.exblog.jp/tb/27039871
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 今週の「ここからごはん」 10... 今週の「ここからごはん」 9月... >>








■所在地
〒733-0833
広島県広島市西区
商工センター2-7-21
TEL082-961-3451(Shop)
082-961-3452(Cafe)
082-961-3454(BASE)
FAX082-961-3453

■営業時間
Shop 11:00-18:00
Cafe 11:00-18:00
(Last Order 17:30)
BASE 11:00-18:00

■休業日
毎週木曜日定休
2018.11.1より
毎週木曜・金曜日定休

     
    

     
      

■URL
http://woodpro-shop.com


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31