2019年 06月 17日 ( 1 )
小石原ポタリーをすこしだけくわしく② ― いまのわたしたちに寄り添う「かたち」


こんにちは、Shopスタッフのgariです。
今回は小石原ポタリーの「かたち」について。
パッと見たところ、そのこだわりが見落とされがちなのですが、
「かたち」にこそ支持される理由があるのです!

まずは小石原ポタリーのラインナップの一部をご覧ください。

d0237564_16243469.jpeg

左から、

● スープボウル
● 浅鉢
● 深鉢
● パン皿
● カップ


スープボウル・・・、パン皿・・・。

ムムっ?ときた方もいらっしゃるのではないでしょうか!


小石原焼のシリーズなのに、スープボウル?パン皿?

和食器ではないの?


パンは和食ではありません。
でも、近年では日本人の食生活も少しずつ変わり、
パンだけでなく、パスタやカレーも食べますよね。
和食だけでない、それが今のわたしたちの食生活です。


そう、小石原ポタリーは、今のわたしたちの食生活に合った器の形に作られているのです。


日本人は器を手で持って食べる習慣があるため、
伝統的な和食器は高台があり、深さのある形が特徴です。

対して、洋食器の場合は
高台はあまりなく、プレートなどを用いるのが主流です。


小石原ポタリーは高台はあまりありません。
和食器の特徴をあまり出さないことで
洋食にもマッチするようにつくられているのです!

d0237564_16251032.jpeg
他の和食器と並べてみると違いがわかりますね。

d0237564_16252389.jpeg

浅鉢です。こちらも高台はあまりありません。


だから、スープボウル、パン皿、なんですね。

もちろん、スープボウルをお茶碗として使用したり、
浅鉢に煮物などの汁気があるものを盛りつけたり、
和食器として使用するときにも活躍しますよ。


和食器と洋食器のいいとこどりな小石原ポタリー。
この「かたち」だからこそ様々なジャンルのお料理に
違和感なく合わせられるのです。
普段の食卓にも取り入れてみませんか?


次回からは、小石原ポタリーの10種ある柄を
たくさん写真を撮ってレポートしていきたいと思います!














by woodpro-shop | 2019-06-17 11:55 | Shop | Trackback








■所在地
〒733-0833
広島県広島市西区
商工センター2-7-21
TEL082-961-3451(Shop)
082-961-3452(Cafe)
082-961-3454(BASE)
FAX082-961-3453

■営業時間
Shop 11:00-18:00
Cafe 11:00-18:00
(Last Order 17:30)
BASE 11:00-18:00

■休業日
毎週木曜・金曜日定休
     
    

     
      

■URL
http://woodpro-shop.com


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30